読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初体験

これは高校の時の話です。

前回の皆勤賞のあとの話

 

ある1日のお話。

 

朝起きた時に

猛烈に悪寒が‥‥

 

 

しかしっ!

その日の授業メニューは

一時間目 化学

二時間目 体育

飯っ!

 

当時の自分としては、ゴールデンメニュー!

 

皆勤賞を失った、自分に早退と言う

二文字は全く恐るに足らない。

 

っ!飯食って早退しよう。

と考えていました。

 

風邪っぽさと戦いながら、電車に揺られ

学校へ到着!

 

教室へ着くやいなや

 

自分はTとします。

 

YA「T顔色やばいよ。この世の終わりみたいな顔してるよ?」

 

優しいと少し思いましたが、

少し親に謝れと思いました。

 

そこで担任のKT先生登場。

KT先生「T顔色が悪いから帰りな。」

 

しかし、ゴールデンメニューを目の前にした

自分は頑なに帰りませんと言いました。

 

KT先生「無理すんなよー。」

 

 

そして、一時間の授業 化学!

この担当の先生が、また強面というか恐い先生

ここではKK先生としましょう。

 

悪寒と頭痛に耐えながら、授業を受ける

 

 

しかし、限界が来ました。

 

突っ伏して寝てしまいました。

しかも、一番前の席‥‥

 

 

 

KK 先生「おめぇ、俺の授業寝るとは、良い度胸してんな。」

 

髪を引っ張られながら、起こされました。

 

顔を上げながら

自分「すいませんっ。」

 

 

KK 先生「お前、顔色悪すぎだぞ、帰れっ!」

 

軽く怒られながら、教室を強制退場。

一旦、保健室へ

 

 

自分のそばには何故かYA‥‥

 

何故かニコニコしながら、心配してくれる。

 

そして、保健室へ到着。

 

すると顔を見られただけで、帰宅命令。

 

心配してきてくれたKT先生。

 

そしてそして、

KT先生に軽く怒られるYA‥‥

 

 

体育を目前に砕け散った野望。

 

 

フラフラな状態で電車に乗りました。

 

 

 

 

電車の乗り替え階段で事件は起きました。

 

階段を降りている途中で、なんと

 

 

 

 

 

 

 

 

気絶。

 

 

 

途中、痛さで意識が少し戻りました。

 

転げ落ちたみたいです。

 

近くのおばちゃん、二人がかりで担ぎ上げられ

 

NASAに連れていかれる宇宙人の様でした。

 

何とか階段を降りきりました。

 

気力なく、お礼を言い。

あのときのおばちゃん達、ありがとう。

意識朦朧で顔は覚えていませんが。

 

 

ホームの駅コンビニの壁へへたる。

 

 

その後、電車➡自転車で家へ到着。

 

リビングで力尽き、体温計で体温を計ると‥‥

 

 

39.8℃‥‥‥‥

 

そのままリビングで寝ました。

 

 

気づくと夜。

 

少し体調も良くなったので、原チャリで病院へ

 

風邪でした。超強烈な。

 

 

余談ですが、

気絶する時、血の気がサーっと引いて

眼前の画面がモザイクみたいになり、

パチッと消えた感じでした。

それまで、気絶した事はなかったので

初体感てした。

 

 

無理は禁物ですね。